ホーム風と共に去りぬ編
 スポンサードリンク
涙の演技
 アシュレーがニューヨークに行くというので(前場面)引き留めたい一心でスカーレットは号泣する。その声にメラニーが飛んでくる。メラニーはどうしたのかと優しく尋ねる。スカーレットはメラニーが自分の始める仕事を手伝わないという、と話す。メラニーは夫アシュレーにスカーレットにどんなに世話になったか、自分や子供や、皆が食べる為にどれだけスカーレットの助けを受けたかを訴える。それを聞いてアシュレーはアトランタに残りスカーレットの仕事を助けることに同意する。

■下記で「youtubeで見る」と出た場合:ここを右クリック、「新しいウインドウで
 開く」を選択後、画面を適当な大きさに設定し、英会話の学習をして下さい。
SCARL Oh, Ashley! Ashley! Aahley!
MELLY Oh, Scarlett! Scarlett, what is it?
SCARL Ashley is so mean and hateful.
MELLY What have you done?
ASHLY She-she wanted me to go to Atlanta.
SCARL To help me start me my lumber business. And he won't lift a finger to help me, and....
MELLY Why, how unchivalrous of you! Why, think Ashley, think! If it handn't been for Scarlett, I'd have died in Atlanta, and maybe we wouldn't have had little Beau, and , when I think of her picking cotton and plowing just to keep food in our mouths, I could just-oh, my darling!
ASHLY All right, Melanie. I'll go to Atlanta. I can't fight you both.

 ・mean:卑劣な。
 ・unchivalrous:騎士道に反する、婦人に丁重でない。
 ・plowing:耕す、畑仕事をする。