ホーム英会話/英語力アップ名曲集
 スポンサードリンク
  アローン・アゲイン
      
In a little while from now
If I'm not feeling any less sour 
I promise myself - 
to treat myself 
And visit a nearby tower 
今から もう少し経って
もし僕の不機嫌な気分が消えなければ
僕は自分に約束する
僕自身への処置として
近くの塔へ行って
And climbing to the top
Will throw myself off
In an effort to - 
Make it clear to - 
Ever what it's like - 
when you're shattered 
そして てっぺんまで上り
そこから この身を投げてやろうと
そう努めて
それを判らせてやろう
一体 それがどんなものか
あなたたちが ぐったりしている時に
Left standing in the lurch -
at a church
Were people saying, 
"My God, that's tough" 
"She stood him up"
"No point in us remaining" 
"We may as well go home"
皆から見捨てられて立ってる
教会の中で
周りの人々が口々に言っていた、
「あぁ神さま、何てお気の毒な」
「彼女は彼を すっぽかしたのね」
「我々がここにいても仕方ないし」
「私たちは家に帰る方がよさそうね」
As I did, on my own
Alone again, naturally
僕もそうすることにした、自分自身で また独りになってしまった、当然のように
To think that only yesterday
I was cheerful,  
bright and gay 
Looking forward to -  
who wouldn't do 
The role I was about to play
つい昨日までを 考えてみると   
僕は元気だったし、
明るく そして陽気だった
楽しみにしていた   
充分でないとは思わなかった
僕がそれまで演じていた役割を
But as if to knock me down
Reality came around 
And without so much -
as a mere touch 
Cut me into little pieces
でも 僕を打ちのめすように
現実がやって来た
そして そんなに多くをするでもなく
ちょっと触れるだけで
僕を 細かに切り裂いたんだ
Leaving me to doubt 
Talk about,
God in His mercy 
Oh, if he really does exist 
Why did he desert me
In my hour of need 
僕を疑問の中に 置き去りにして
こんな話について、
慈悲に満ちた神とか   
あぁ、もし彼が本当に存在するなら
なぜ彼は僕を見捨てたのか
僕が 必要としている時に
I truly, am indeed 
Alone again, naturally 
僕は本当に、本当に      
また独りになってしまった、当然のように
It seems to me - 
that there are more hearts - 
broken in the world -
that can't be mended - 
left unattended 
What do we do? 
What do we do?
僕にはこう思われる
そこでは 沢山の心が
この世界で傷つき
癒されることも無く
付き添う人も無く 置き去りにされている、と
僕たちは どうしたらいいんだ?
僕たちは どうしたらいいんだ?
Alone again, naturally  また独りになってしまった、当然のように
Looking back over the years
And whatever else that appears 
I remember I cried - 
when my father died 
Never wishing to hide the tears 
過去の年月を振り返ってみると
そして色々なことの中で 思い浮かぶのは
僕が泣いたことを 覚えている
僕の父が 死んだ時のことを
決して涙を隠そうとは思わなかった
And at sixty-five years old
My mother, God rest her soul 
Couldn't understand - 
why the only man
She had ever loved -
had been taken
Leaving her to start 
With a heart so badly broken
そして65歳の年に
僕の母は、神がその魂を永眠させた
理解できなかったのは
なぜ その唯一無二の存在は
彼女がこれまで愛していたものを
取り上げて
彼女に一人残された生活を始めさせたのか  
心がひどく張り裂けるという状態で
Despite encouragement from me 
No words were ever spoken    
And when she passed away
僕からの励ましにもかかわらず
言葉も無く 何も話さなくなってしまった   
そして 彼女が亡くなった時
I cried and cried all day 
Alone again, naturally 
Alone again, naturally  
僕は一日中 泣いて泣き続けたんだ
また独りになってしまった、当然のように
また独りになってしまった、当然のように