ホーム英会話/英語力アップ世界の名演説集
 スポンサードリンク
   B・ゲイツ ハーバード大卒業式講演 NO1
      President Bok, former President Rudenstine, incoming President Faust, members of the Harvard Corporation and the Board of Overseers, members of the faculty, parents, and especially, the graduates:  Bok学部長、Rudenstine前学部長、Faust次期学部長、the Harvard Corporation の皆さん、民生委員の皆さん、監督職員の皆さん、教職員の皆さん、親御さん、そして何より、卒業生の皆さん。
 I've been waiting more than 30 years to say this: "Dad, I always told you I'd come back and get my degree."  私は、三十年以上、こう言えるのを待ちつづけていました。 「父さん、いつも言ってたでしょ『僕はハーバードに戻って学位を取るつもりだよ』って」
 I want to thank Harvard for this timely honour. I'll be changing my job next year ... and it will be nice to finally have a college degree on my resume  私はタイミングよく、この栄誉学位を下さったハーバード大学に対し感謝したい。私は来年には職を変えているつもりです。ついに私の履歴書に大学の学位を加えれたことは多分素晴らしいことなんでしょう。
 I applaud the graduates today for taking a much more direct route to your degrees. For my part, I'm just happy that the Crimson has called me "Harvard's most successful dropout." I guess that makes me valedictorian of my own special class ... I did the best of everyone who failed.  私は、本日、卒業生の皆さんを賞賛します。皆さんは学位のためにずっと直線的な道を取ったのですからなおさらです。私の学位に関して言えば、私はまさに幸福そのものなんです。ハーバードは私を「ハーバードでもっとも成功した中退者」なんて呼んでいたのですから。ハーバード大学が私に自分の特別な同期生の卒業生総代(注・卒業式で別れの言葉を述べる卒業生)をさせる理由は・・・・私が落ちこぼれ組み全員の中で、最高の仕事をしたからだと思います。
 But I also want to be recognised as the guy who got Steve Ballmer to drop out of business school. I'm a bad influence. That's why I was invited to speak at your graduation. If I had spoken at your orientation, fewer of you might be here today.  しかし、私は又、スティーブン・バルマーをビジネススクールから中退させた男としても表彰されたい所です。私は悪い影響そのものですからね。私が貴方達の卒業式でスピーチするために招待されたのはそれが理由です。もし私が貴方達の入学式でスピーチしていたら、貴方達の何人かは本日ここにいなかったかもしれません。
 Harvard was just a phenomenal experience for me. Academic life was fascinating. I used to sit in on lots of classes I hadn't even signed up for. And dorm life was terrific. I lived up at Radcliffe, in Currier House. There were always lots of people in my dorm room late at night discussing things, because everyone knew I didn't worry about getting up in the morning. That's how I came to be the leader of the anti-social group. We clung to each other as a way of validating our rejection of all those social people.  ハーバードは、私にとって、まさに驚くべき経験そのものでした。大学生活は魅力的でした。私は、よく、履修してもいなかった沢山の授業に出ていたものです。そして寮生活は、こたえられないものでした。私は、ラドクリフで生活していました。いつも夜遅くまで寮の部屋には色んなことを議論しあえる仲間が沢山いました。なぜなら、みんな、私が朝起きることについて心配していない事を知ってたからです。それが私が反社会グループのリーダーになった方法です。我々は、すべての社会的な人々に対する我々の拒否反応を正当化する一つの手段としてお互いにくっつきあってました。
 Radcliffe was a great place to live. There were more women up there, and most of the guys were science-math types. That combination offered me the best odds, if you know what I mean. This is where I learned the sad lesson that improving your odds doesn't guarantee success.  ラドクリフは、生活するには素晴らしい場所です。あそこにはずっと沢山の女の子がいて、そしてほとんどの男の子は理数系タイプでした。何て言ったらいいか、その組み合わせは、私に最高の勝算を提示しました。ここは、私が悲しい教訓を学んだ場所です。それは貴方達が勝算を改善しても成功は保証されないということです。
 One of my biggest memories of Harvard came in January 1975, when I made a call from Currier House to a company in Albuquerque that had begun making the world's first personal computers. I offered to sell them software  ハーヴァードにおける私の最大の思い出の一つは1975年1月で、私がCurrier Houseからアルバカーキにある世界で初めてパーソナルコンピューターを作り始めた会社に電話をした時のことです。私は、彼らにソフトウェアを売ろうと申しでたんです。
 I worried that they would realise I was just a student in a dorm and hang up on me. Instead they said: "We're not quite ready, come see us in a month," which was a good thing, because we hadn't written the software yet. From that moment, I worked day and night on this little extra credit project that marked the end of my college education and the beginning of a remarkable journey with Microsoft.  私が心配だったのは、彼らが寮の学生に過ぎずないことに気づき、受話器を置いてしまうだろうってことでした。そうしないで彼らは言ったんです。「我々はすぐに準備できないんで、一ヶ月もしたら会いにきてくれ」それは、よい事でした。なぜって、私達は、まだソフトウェアを書いていなかったからです。その瞬間から、私は昼も夜も、この些細なextra credit向けの課題にに没頭したんです。それは、私の教育の終わりと、そして、マイクロソフトとの素晴らしい旅の始まりを運命づけるものでした。
 What I remember above all about Harvard was being in the midst of so much energy and intelligence. It could be exhilarating, intimidating, sometimes even discouraging, but always challenging. It was an amazing privilege - and though I left early, I was transformed by my years at Harvard, the friendships I made, and the ideas I worked on.  私が、ハーヴァード大学について、何よりも思い出すものは、あまりに多くのエネルギーとインテリジェンスの真ん中にいたんだという事です。うきうきするような、おびえさせるような、時には落胆さえさせるような事もあったけれど、常にやりがいがあったものです。それは、驚くべき特権でした。そして、早期に退学はしたけれども、私はハーバードでの数年間や、作った友情、そして取り組んだ数々のアイデアのおかげで、一変していました。
 But taking a serious look back ... I do have one big regret.  しかし、真面目に振り返ってみると・・・・私は、一つの大きな後悔をしています。
 I left Harvard with no real awareness of the awful inequities in the world - the appalling disparities of health, and wealth, and opportunity that condemn millions of people to lives of despair.  私は、世界のひどい不平等に何ら現実的な意識を持たず、ハーバードを去ったんです。つまり、何百万の人々に絶望の生涯を強いる健康の格差や、富の格差、そして機会の恐るべき格差にです。
 I learned a lot here at Harvard about new ideas in economics and politics. I got great exposure to the advances being made in the sciences.  私は、ハーヴァードで、経済や政治に関する新しいアイデアの数々については沢山学びました。私は科学の中で作られた進歩にすごくさらされました。
 But humanity's greatest advances are not in its discoveries - but in how those discoveries are applied to reduce inequity.  しかし、人類のもっとも偉大な進歩は、その様々な発見の中にはありません。それらの発見が不平等を減らす為にいかに応用されたかという点にあるのです。