ホーム英会話/英語力アップ世界の名演説集
 スポンサードリンク
   B・ゲイツ ハーバード大卒業式講演 NO2
 Whether through democracy, strong public education, quality health care, or broad economic opportunity - reducing inequity is the highest human achievement.  民主主義、強力な公教育、平等な医療介護、もしくは広範な経済的な機会を通じてであろうとなかろうと。不平等を減らした事こそが、最も偉大なる人類の進歩なのです。
 I left campus knowing little about the millions of young people cheated out of educational opportunities here in this country. And I knew nothing about the millions of people living in unspeakable poverty and disease in developing countries.  私はこの国で教育を受ける機会に見放されて逸脱した何百万人もの若者たちについてほとんど知らず、そして、言葉にできないような貧困と疫病の中で生きていく事を強いられている何百万人もの発展途上国の人々については全く知らなかったのです。
 It took me decades to find out.  私がそれを知るには何十年もかかりました。
 You graduates came to Harvard at a different time. You know more about the world's inequities than the classes that came before. In your years here, I hope you've had a chance to think about how - in this age of accelerating technology - we can finally take on these inequities, and we can solve them.  あなた方、卒業生の皆さんは、別の時代にハーヴァードに来ました。あなた方は、以前やってきた同期生達より、世界の不平等について多くの事を知っています。ここでの数年間で、貴方達が---加速するテクノロジーの時代の中で---最終的にどのように、我々が、これらの不平等に対し、どのように取り組むことができるのか、又、どのようにそれらを解決可能なのかについて考える機会を得ていたのであればよいのですが。
 Imagine, just for the sake of discussion, that you had a few hours a week and a few dollars a month to donate to a cause - and you wanted to spend that time and money where it would have the greatest impact in saving and improving lives. Where would you spend it?  今、討論のために、貴方達が一つの大儀に寄付をするために一週間に数時間を費やしたり、一月に幾ばくかのお金を費やしたと想像してみてください。貴方達は、人々の生活を救ったり、改善したりするのに最も影響力のある場所に時間とお金を費やしたいとしましょう。貴方達はそれをどこに費やしたいでしょうか?
 For Melinda and for me, the challenge is the same: how can we do the most good for the greatest number with the resources we have.  メリンダと私にとって、その目標は同じものです。どのようにすれば、我々が持っているリソースを最も大多数の人々に対して、最も良い形で費やすことができるか、なのです。
 During our discussions on this question, Melinda and I read an article about the millions of children who were dying every year in poor countries from diseases that we had long ago made harmless in this country. Measles, malaria, pneumonia, hepatitis B, yellow fever. One disease I had never even heard of, rotavirus, was killing half a million kids each year - none of them in the United States.  この問題における我々の討論の間、メリンダと私は、一つの記事を読みました。貧しい国々では何百人もの子供達が、様々な病気によって毎年死につづけている、というものでした。はしか、マラリア、肺炎、B型肝炎、黄熱病のような、ずっと以前に、この国では害がまったくなくなった病気で、です。我々が聞いたことさえないような一つの病気、ロタウィルス、が毎年50万人の子供を殺しつづけていました---アメリカでは、その病気で死ぬ子供は一人もいません。
 We were shocked. We had just assumed that if millions of children were dying and they could be saved, the world would make it a priority to discover and deliver the medicines to save them. But it did not. For under a dollar, there were interventions that could save lives that just weren't being delivered.  私達はショックでした。私達は、もし何百万人の子供達が死につつあるならば、彼らは助けれるはずだと仮定していました。世界は、彼らを救う薬を調達し、配達することを最優先事項にするだろうと思っていました。しかし、そうではありませんでした。一ドル以内で、命を救える様々な診療手段があったんです。ただ、それらは配送されていませんでした。
 If you believe that every life has equal value, it's revolting to learn that some lives are seen as worth saving and others are not. We said to ourselves: "This can't be true. But if it is true, it deserves to be the priority of our giving."  もし、貴方達が、すべての命は平等であると信じるなら、ある生命は救う価値があると見なされ、他方の生命はそうではないという事実を知るのは極めて不快なことです。我々は自問しました。「これが真実であるはずがない。しかし、もし真実であるならば、それは我々の援助の最優先順位に値する、と。」
 So we began our work in the same way anyone here would begin it. We asked: "How could the world let these children die?"  そして、ここにいる誰もがそれを始めるのと同様に私達は仕事に取り掛かりました。我々は「世界はどのようにして子供達を死に至らしめているのか?」と問いました。
 The answer is simple, and harsh. The market did not reward saving the lives of these children, and governments did not subsidise it. So the children died because their mothers and their fathers had no power in the market and no voice in the system.  その答えはシンプルで、手厳しいものです。マーケットはそれらの子供達の生命を救うことに報酬を与えなかった。そして政府は助成金を出さなかった。そして、子供達は、彼らの父母がマーケットで何の力も、システムの中で何の発言権も持っていなかったという理由で死にました。
 But you and I have both.  しかし、貴方達と私は、両方をもっています。
 We can make market forces work better for the poor if we can develop a more creative capitalism - if we can stretch the reach of market forces so that more people can make a profit, or at least make a living, serving people who are suffering from the worst inequities. We also can press governments around the world to spend taxpayer money in ways that better reflect the values of the people who pay the taxes.  もし、我々が、もっと創造的な資本主義を発達させることができれば、我々はマーケットに貧困層に対して、もっと良くするよう圧力をかけることができます――もし、我々がもっと沢山の人々が利益を生めるようにできるように、少なくとも生活費を稼ぐことが出きるようにするならば、です。もっとも酷い不平等に苦しんでいる人々に食事を供給できるようにするならば、です。我々は、又、世界中の政府に対して、もっと上手に、税を支払う人々の価値を反映するようなやり方で納税者のお金を使うよう圧力をかけることもできます。
 If we can find approaches that meet the needs of the poor in ways that generate profits for business and votes for politicians, we will have found a sustainable way to reduce inequity in the world.  もし、我々が、ビジネスで利益を生み、政治家に票を投じれるようなやり方で、貧困層のニーズを満たす方法を発見できるならば、我々は、世界の不平等を減らすための継続可能な方法を発見していたでしょう。