ホーム英会話/英語力アップ世界の名演説集
 スポンサードリンク
   B・ゲイツ ハーバード大卒業式講演 NO4
 I remember going to Davos some years back and sitting on a global health panel that was discussing ways to save millions of lives. Millions! Think of the thrill of saving just one person's life - then multiply that by millions. ... Yet this was the most boring panel I've ever been on - ever. So boring even I couldn't bear it.  私は、数年前、ダボスに行き、global health委員会に出席したのを覚えています。委員会は、何百万人もの人たちを救う方法を議論していました。何百万人!!たった一人の命を救うことのスリルを考えてみてください---次に、何百万人を倍に増やして・・・・しかし、これは私が今まで出席したなかでも最も退屈な委員会でした。---そう、耐え切れないほどに。
 What made that experience especially striking was that I had just come from an event where we were introducing version 13 of some piece of software, and we had people jumping and shouting with excitement. I love getting people excited about software - but why can't we generate even more excitement for saving lives?  その経験を特に際立ったものにさせたものは、私が、あるソフトウェアのversion 13を紹介していたイベントからやって来たのが原因でした。我々は、人々を飛び回らせたり、興奮で叫び声を上げさせたりしていました。私は、人々をソフトウェアで興奮させるのが好きです。---しかし、何故、我々は、命を救う事に、もっと大きな興奮を生み出すことができないのでしょうか?
 You can't get people excited unless you can help them see and feel the impact. And how you do that - is a complex question.  人々にインパクトを見せたり感じさせたりすることが出来ない限り、我々は人々を興奮させることはできないのです。そして、どうすれば、そういうことができるか---は複雑な問題です。
 Still, I'm optimistic. Yes, inequity has been with us forever, but the new tools we have to cut through complexity have not been with us forever. They are new - they can help us make the most of our caring - and that's why the future can be different from the past.  それでも、私は楽観的です。Yes、不平等は、永遠に我々と共にあり続けてきました。しかし、我々が複雑さを切り抜く必要がある新しいツールは、我々と永遠に共にあり続けたわけではありません。それらは新しいものです---それらは、多くの福祉活動を助けることができます。---そして、それが未来は過去とは違ったものになることができる理由なのです。
 The defining and ongoing innovations of this age - biotechnology, the computer, the Internet - give us a chance we've never had before to end extreme poverty and end death from preventable disease.  この時代の特徴的な、そして進行中のイノベーション---バイオテクノロジー、コンピューター、インターネット---は私達にチャンスを与えてくれます。我々が決して以前はもつことができなかったようなチャンスをです。極度の貧困を終わらせ、防止可能な病気から来る死を終わらせるためのチャンスを、です。
 Sixty years ago, George Marshall came to this commencement and announced a plan to assist the nations of post-war Europe. He said: "I think one difficulty is that the problem is one of such enormous complexity that the very mass of facts presented to the public by press and radio make it exceedingly difficult for the man in the street to reach a clear appraisement of the situation. It is virtually impossible at this distance to grasp at all the real significance of the situation."  60年前、George Marshallは、この卒業式にやってきました。そして、彼は大戦後のヨーロッパを復興する計画を発表しました。彼は言いました。「私は一つの困難があると考えている。問題は、あまりに巨大な複雑さの一つだ。つまり、新聞と取材陣によって国民に公開された多すぎる事実が、一般人は一つの明白な評価に手を伸ばす故に、複雑さを一層難解なものにしているという事なのだ。実質的には、今となっては、その状況の本当の意義すべてをつかむことは不可能なのにである。」
 Thirty years after Marshall made his address, as my class graduated without me, technology was emerging that would make the world smaller, more open, more visible, less distant.  マーシャルが演説をした30年後、私抜きで同期生が卒業をした年ですが、世界をもっと小さく、もっとオープンに、もっと可視的に、距離を小さくするテクノロジーが出現しつつありました。
 The emergence of low-cost personal computers gave rise to a powerful network that has transformed opportunities for learning and communicating.  低コストのパーソナルコンピューターの出現は、学習とコミュニケーションの機会を一変させる強力なネットワークを発生させました。
 The magical thing about this network is not just that it collapses distance and makes everyone your neighbor. It also dramatically increases the number of brilliant minds we can have working together on the same problem - and that scales up the rate of innovation to a staggering degree. このネットワークに関する素晴らしい点は、距離を崩壊させるということでなく、すべての人を貴方の隣人にするということです。それは、同じ問題に一緒に取り組み続ることが出来る素晴らしい頭脳の数を劇的に増加させています。---それは、イノベーションの速度を信じられない割合にスケールアップさせています。
 At the same time, for every person in the world who has access to this technology, five people don't. That means many creative minds are left out of this discussion -- smart people with practical intelligence and relevant experience who don't have the technology to hone their talents or contribute their ideas to the world.  このテクノロジーには世界のあらゆる人々がアクセスしているのと同時に、していない人もいます。それは多くのクリエイティブな頭脳がこのディスカッションからは取り残されているということを意味しています---実用的な知識や関連した経験をもつスマートな人たちなのですが、彼らには能力を磨き、世界に彼らのアイデアを提供するためのテクノロジーがないんです。

 We need as many people as possible to have access to this technology, because these advances are triggering a revolution in what human beings can do for one another. They are making it possible not just for national governments, but for universities, corporations, smaller organisation, and even individuals to see problems, see approaches, and measure the impact of their efforts to address the hunger, poverty, and desperation George Marshall spoke of 60 years ago.

 我々は、可能な限り、沢山の人々にテクノロジーにアクセスしてもらう必要があります。なぜならば、人類がお互いに貢献しあう中で、それらの進歩が革命を引き起こしているからです。テクノロジーの進歩は中央政府だけでなく、大学や企業、もっと小さな組織、そして問題を調査するような個々人が、問題を理解し、アプローチを理解することを可能にししつあります。それは飢えや貧困、George Marshall が60年前に語った絶望を解決するための努力のインパクトを測定することを可能にしつつあるのです。