英会話無料教材サイト 番外編

オバマ大統領就任演説
-語り継がれる言葉-

 
スポンサードリンク
TOP英会話/英語力アップ世界の名演説集
 So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt,  きょうを記憶に刻もう。我々が何者であり、どんなに長く旅してきたかと思い出そう。アメリカが誕生した年、最も寒い時期に、愛国者の一団は、凍りついた川岸で、消えそうなたき火を囲んだ。首都は見捨てられ、敵は押し寄せ、雪は血で染まった。
 the father of our nation ordered these words be read to the people: “Let it be told to the future world…that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive…that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet [it]."  革命の先行きが見えなくなったとき、建国の父は次の言葉を読むよう命じた。”後世に伝えよう。希望と美徳しか生きながらえない真冬に、共通の脅威にされされた町や村々は、それに立ち向かっていった。”