TOP動画を楽しみながらヒアリング力アップ
 スポンサードリンク
 太陽系の誕生
  As our nebula began to collapse under its own gravity and spin faster, a dense clump of matter formed in the center. It's called a protostar. At first, its heat was due to friction. But when the clump reached 18 million degrees Fahrenheit, nuclear fusion kicked in. Four-and-a-half billion years ago, our star was born. Hydrogen atoms fused together to form helium, and in the process, released photons. It's the first light made by our sun. And it will keep on shining for four billion years. A vast nuclear furnace-nearly a million miles across. From a distance, this process seems almost peaceful, with the sun's power gentry radiating out into the early solar system. There was all sorts of activity going on-things were changing rapidly, violence, explosions, intense radiation. We had a pretty spectacular origin. Recent research suggests the solar system's birth was far from peaceful. Our sun may, in fact, have been born out of one of the most violent events in the cosmos-the explosive death of another star. And even before that, it seems there was an explosion so huge, that it created an entire universe-the Big Bang. No one knows what caused it, but we think that the bang created apace, time, and all the matter in the universe. Yet for astrophysicists such as Professor Stan Woosley, there's a puzzle. The Big Bnag produced almost none of the 88 naturally occurring chemical elements. When we look around, we don't just see hydrogen and helium. We see planets and people, and we're made out of carbon and oxygen...and planets are made out of iron and silicon, and that didn't all come from the Big Bang. It had to come form somewhere else. Here on earth, we've learned how to create new elements for ourselves-nuclear technology. The same thing happens inside stars. Hydrogen and helium form the Big Bang fuse to form heavier elements, and if the star is big enough, at the end of its life, it does something spectacular. It explodes. The energy of a supernova explosion is essentially equal to all of the energy that the sun will put out in its 10-billion-year lifetime.
 我々の星雲が自分の重力でつぶれ、高速に回転する時、物質の高密度のかたまりが中心部に形成される。それは、原始星と呼ばれる。まず、摩擦熱が発生した。しかし、その塊が華氏1800万度になった時、核融合が始まった。45億年前、我々の星、太陽は誕生した。水素原子が融合してヘリウムになり、その過程で光子を放出した。それは、我々の太陽が作った最初の光だ。そして、40億年光り続けている。その巨大な原子炉は、直径約100万マイルある。遠くから見ると、この過程はほとんど穏やかに見える。太陽のエネルギーは徐々に原始太陽系に放射されて行った。そこには進行中のありとあらゆる活動があった。衝突、爆発、強烈な放射で、物質が急速に変化していった。我々は、美しい壮大な起源を持っていた。最近の調査で、太陽系の誕生は穏やかとは、かけ離れたものと推測されている。実際、我々の太陽は宇宙で最も暴力的な出来事から生まれた。他の星の爆発死からだ。それ以前にも、全宇宙を創り出した巨大な爆発があったようだ。いわゆるビックバン。その原因は誰も解からないが、そのビッグバンが、空間、時間、そして宇宙の全てのものを創り出したと考えられている。しかし、スタン・ウースリー教授のような宇宙物理学者にとって、難題がある。ビッグバンでは、88個の自然界に存在する化学元素は、殆ど何も生まれなかったのだ。我々の周りを見ても、水素とヘリウムだけではない。惑星も人間もいるし、我々人間は、炭素と水素から造られている---。また、惑星は鉄とシリコンから造られている。そして、それらは全てがビッグバンから発生したという訳ではない。ほかのどこからか来たはずだ。この地球上で、私たち自身で、新しい元素を造り出す方法を習得した。すなわち核技術。同じことが、星の中で起こっている。ビックバンの時の水素とヘリウムは、より重い元素を造り出す。そして、もしその恒星が大きさが十分なら、その最後に、壮大な出来事が起こる。爆発だ。その超新星の爆発のエネルギーは、基本的には、太陽が100億年の生涯で発生する総エネルギーに等しい。