TOP動画を楽しみながらヒアリング力アップ
 スポンサードリンク
 海の起源
Three-quarters of the Earth is covered in water. It's called "The Blue Planet." But imagine Earth without its oceans...and instead, with all the water in the world gathered together in a boll. There's not that much, really. But this water is what makes Earth different from every other planet in the solar system. The oceans have been here for almost 4 billion years-carving the coastline, driving the climate, and controlling the destiny of life itself. But four-and-a-half billion years ago, when our planet was born, it was just a molten infern. There was no place for any liquid water at all. Yet the ingredients needed to create water were there-locked away deep inside the Earth, when the planet formed. As the first volcanoes erupted, one of the gases that bellowed out was steam. And as the planet cooled, it formed clouds. It rained for thousands of years. As the first rivers formed, it began to fill up the lower-lying areas on our young planet, possibly creating the first oceans. But it's reckoned that even this relentless downpour only delivered around half the water that makes up our oceans today. The rest came from outer space. This is a comet filmed in 2005. It's about 4 miles across, and like all comets, it's made of roke and water in the form of ice. To discover just how muth water comets contain, scientists deliberately crashed a apace probe straight into it. After it plowed into the surface, more than 250 thousand tons of water burst into apace. In Earth's formative years, it was hit by thousand of comets like this. By the time the bombardment finished, it's thought they deliverd up to half the water in our oceans.
 地球一代記。海。地球の四分の三は水におおわれている。青い惑星と言われるゆえんだ。しかし、海のない地球を想像したら---。それでなくて、世界中の全ての水を集めても、どんぶり一杯分しかなかったら。本当に、ほんの少しだったら。しかし、この水があるおかげで、地球は太陽系のどの惑星とも違ってきている。海は、ほぼ40億年間存在し、海岸線を刻み、気象をつかさどり、そして、命そのものの定めをコントロールしてきた。しかし、我々の惑星地球が誕生した45億年前は、溶岩の地獄だった。とうてい、どんな液体の水も存在するような場所ではなかった。しかし、水を造り出すのに必要な成分が、そこにはあった。地球が誕生した時、その内部奥深くにしまい込まれていた。最初の火山が噴火した時、噴出したガスに水蒸気が含まれていた。そして、地球が冷えていくと、それが、雲となっていった。雨が数千年にわたって降り続いた。最初の川ができた時、初期の地球の低い部分を満たし始めた。たぶん、最初の海を造りながら。しかし、このいつまでも続くどしゃ降りでも、現在の我々の海を形成している水の量の半分ほどを供給したにすぎないと推定される。残りは宇宙からきた。これは、2005年に撮影された彗星。それは直径4マイルで、全ての彗星のように、岩と、氷の形をした水でできている。彗星が、どれだけの水を含んでいるかを調べる為に、科学者達は故意に、宇宙探査機をそれに正面衝突させた。探査機が表面に突入した後、25万トン以上の水が、宇宙に飛び散った。生成期の地球には、このような彗星が、何千個も命中してきた。彗星の爆撃が終わるまでに、現在の海の残り半分の水が供給されたと考えられている。